[PR]

 17日午前8時20分ごろ、山形県米沢市城南4丁目の山形大学工学部有機エレクトロニクス(EL)研究センターの3階から煙が上がっていると、置賜広域行政事務組合消防本部に通報があった。

 同消防本部や山形県警によると、火は約2時間半後に消し止められた。煙を吸ったなどとして大学職員3人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷とみられる。化学物質が燃えている可能性もあったため、同本部は放水を見合わせ、消火器などで消し止めたという。

 現場は同センター3階東側にある、有機トランジスタのデバイスを開発する研究室。非常ベルを聞いて駆けつけた非正規職員の男性(56)が、室内にあったごみから火が上がっているのを見つけて通報したという。

 2011年に開設された同センターは、5階建てで総面積は約5700平方メートル。有機EL技術の基礎研究や実用化に力を入れる山大の研究拠点となっている。(西田理人)