[PR]

 流通大手セブン&アイ・ホールディングス傘下で食品スーパーを展開する「ヨーク」の大竹正人社長が朝日新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスがスーパーに与えた影響について語った。

 大竹氏は「消費者のライフスタイルが変わり、スーパーの存在価値が非常に上がった」とし、売上高が前年比を上回る傾向は今後も続くという見通しを示した。主なやり取りは次の通り。

 ――「ヨークマート」や「ヨークフーズ」などの食品スーパーの消費者の購買行動は、新型コロナでどう変わりましたか。

 「お客さんのライフスタイルが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら