[PR]

 自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=は17日、昨年7月の参院選で初当選した妻の案里参院議員(46)の選挙にからむ買収疑惑で、検察当局から捜査を受けていることに関し「良心に照らしてやましい政治行動、法にもとるような政治活動を行ってきたことはない」と述べた。衆院本会議に出席した後、国会内で記者団に述べた。

 河井氏は「地元のみなさま、自民党関係者、いろいろとご迷惑をかけて本当に深くおわび申し上げます」とも述べた。自民党は同日の党紀委員会で、夫妻の離党を了承した。