[PR]

文化のページ

 フィギュアスケート王国や喫茶店が大好きなのは、芸処の精神がルーツ?――。名古屋の文化や芸能を古代から現代までたどった書籍「芸処名古屋」を名古屋市が5月24日、発刊した。地元デザイン会社が企画・制作し、「誰でも気軽に手に取りやすい本」となっている。

 近世のページ「大名から農民まで、名古屋人は抹茶好き」では、名古屋の喫茶文化の原点を尾張藩初代義直までさかのぼった。茶室の写真や当時の和菓子の見本の絵とともに紹介する。「松尾芭蕉が名古屋で到達した、新しい俳風」や「名古屋の本屋が北斎ブームの仕掛け人?」といったコラムもある。

 企画したのは、これまで街づくりへの関わりが多かったデザイン会社クーグート(名古屋市中区)。同市に伝わる文化を広く紹介する催し「やっとかめ文化祭」に関わった経験を生かした。市に提案して、書籍化が決まった。名古屋の文化に詳しい安田文吉さん(南山大名誉教授・東海学園大客員教授)が監修を担当した。

 デザインを担当した同社の森葉…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら