【動画】南極オーロラの不思議な魅力=中山由美撮影
[PR]

 星空に現れた雲のような筋が、揺らめきながら伸びていく。少しずつ明るさを増してきた光は、やがて一気に広がり天頂へと駆け上る――。オーロラは太陽と地磁気が織りなす現象だ。わかっていても、南極の零下20~零下30度の寒さも忘れ、その神秘的な世界に引き込まれてしまう。

 「一生に一度は見てみたい」と多くの人があこがれるオーロラ。オーロラがよく見える所といえば極地だが、北極点や南極点では実は見えにくい。そのまわりに輪のように広がって出やすく、南極・昭和基地はその真下にあたる。だから、昭和基地はその光の乱舞を堪能できる「特等席」だ。

 太陽から飛んでくる電気を帯びた粒子が地球の周りに入り込み、地球の磁力線に沿って動いて、上空の薄い大気とぶつかって光を放つ。緑やピンク、赤、紫……。色も明るさも変われば、時には渦をまき、カーテンが揺らめくように、天頂から降り注ぐように、変幻自在だ。

 いつどの方角にどれくらいの大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら