[PR]

 トヨタ自動車は、自動車事故が人体に与える傷害の程度を解析できるソフトウェア、仮想人体モデル「THUMS(サムス)」を、2021年1月から他社に無償で公開する。自動運転技術などの開発競争が激しさを増すなか、他社を巻き込みながら車の安全性を高めていく狙いがある。

 THUMSは、トヨタが00年に開発し、その後改良が重ねられてきた。実際の人間からデータを集め、3歳児から成人男性まで、体の大きさが違うモデルの内臓や骨格を細かく再現している。車両の衝突シミュレーションシステムと組みあわせ、事故が人体にどの程度影響を与えるかをコンピューター上で分析できる。シートベルトやエアバッグなどの開発に活用されているという。

 車の衝突実験では今でも、人間を模したダミー人形が使われることがある。だがトヨタによると、体内や頭などへの損傷を詳しく分析できないうえ、実験にかかる期間も長く、コストも高くなりがちだという。同社の担当者は「自動運転車など将来のモビリティー社会を想定した開発の現場で広く活用してもらいたい」と言う。(石塚大樹)