[PR]

 業績不振で飲食・物販事業から撤退した茨城県牛久市の旧ワイン醸造施設「牛久シャトー」で、レストランと売店が20日に再開される。2018年暮れの閉鎖から約1年半。運営する市出資の第三セクターの収支見通しは厳しいが、赤字が出ても市は補塡(ほてん)しない考えで、前途は多難だ。

 レストランは、国の重要文化財に指定されているワイン貯蔵庫を改装した旧「レストランキャノン」。フランス料理の経験のあるシェフが腕を振るう。席数は60人規模だが、新型コロナウイルス対策で40人弱でスタートする。

 オリジナルワインやビールを販売していた売店では、シャトーで栽培したブドウを使い県内の酒造会社が醸造したワインや、地域産品などを扱う。

 シャトーを所有するオエノンホ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら