[PR]

 新型コロナウイルスの影響で学習の遅れが懸念されるなか、神奈川県教育委員会は来春の県立高校入試について、5教科すべてで、例年より出題範囲を狭めて実施することを決めた。7月初めまでに各教科の具体的な出題範囲を公表する。

 県議会定例会で16日、桐谷次郎県教育長が明らかにした。桐谷教育長は、中学3年生やその保護者が不安を抱いているとして「安心して高校受験に臨めるよう、受験までに中学校で学んできた内容からのみ出題する」と説明。「中学校の学習状況を踏まえ、学習指導要領に記載された内容の中から範囲を限定して実施したい」と述べた。

 公立中学校長会などと協議し、学習状況を把握しながら、市立高校を設置する横浜、川崎、横須賀の3市教委との調整を進めるという。

 高校入試をめぐっては文部科学…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら