[PR]

 今年度行う大学入学共通テストについて、文部科学省は17日、高校、大学などの各団体と協議し、予定通り来年1月16、17日実施とする文科省案で合意した。従来は1週間後に行う追試は2週間後に延ばし、コロナ禍で学習が遅れた生徒も受験できるとした。

 文科省によると、共通テストと来年2月に始まる大学の一般選抜、今年11月出願開始の学校推薦型選抜(旧推薦入試)は予定通りとする方針が固まった。9月1日に出願開始予定だった総合型選抜(旧AO入試)は2週間後ろ倒しをする。

 共通テストの追試は、従来は本試験の1週間後を予定していたが、新型コロナウイルスの潜伏期間をふまえて2週間後に設定。本来は病気などやむを得ない事情で受験できない人が対象だが、長期休校による学習の遅れを理由に出願時に追試を選ぶことも可能とし、例年は2カ所だった追試会場は47都道府県に拡大。さらに病気などで追試を受けられない場合の追試も、その2週間後に設ける。本試験と追試の得点調整はしない。各大学の一般選抜についても追試の設定を求める。

 大学入試の日程を巡っては、全…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら