[PR]

 無声映画の映像に合わせて、当意即妙なセリフや説明を多彩な声色で発する活動弁士。その活動弁士に憧れる青年を主人公にした映画「カツベン!」を上映中の小倉昭和館(北九州市小倉北区)が24日と28日、現役の活動弁士、麻生八咫(やた)さんも登場する催し、シネマカフェを開く。

 「カツベン!」は、「Shall we ダンス?」や「それでもボクはやってない」などで数々の賞を受けた周防正行監督の作品。少年の頃から活動弁士に憧れてきた青年が、偽弁士として犯罪者に利用され、追われる身になりながらも本物の弁士として活躍する姿を描いた喜劇だ。

 主役を成田凌さんが、ヒロインを黒島結菜さんが演じ、永瀬正敏さんや竹野内豊さん、竹中直人さんらベテランが脇を固める。

 シネマカフェではカツベン!の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース