[PR]

 広島カープの松田元(はじめ)オーナーや佐々岡真司監督、選手ら計21人が17日、広島市中区の広島護国神社を訪れ、必勝祈願した。

 新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れたプロ野球は19日に開幕する。例年は首脳陣と選手全員が参列するが、感染防止のため人数を絞った。訪れた全員がマスクを着用し、前後約1メートル、左右約1・5メートルの間隔を空けて着席した。

 選手会長の田中広輔選手は「いよいよ始まる。リーグV奪還と日本一を目指して、またみなさんに勇気と元気を与えられるようなシーズンにしたい」と意気込んだ。(藤田絢子)