[PR]

 静岡県富士市中島の川村病院は6月1日、20床の緩和ケア病棟を開設した。県内では静岡がんセンター(長泉町)などに次ぎ4カ所目。痛みを和らげ、その人らしい終末期の充実した時間を過ごしてもらいたいという。

 病棟名は「―いまここ―」。両端の「―」は過去と未来を示す。患者が過去を持ち寄り、思いを共有して未来に向かって欲しいとの願いを込めた。

 全室個室で、ベッドのほか大きめのソファがあり、家族も宿泊が可能だ。テレビを壁掛けに、医療用配管の接続部には目隠しをし、病室らしさを消した。共有のキッチンとダイニングからは庭が望める。中庭には小川も造った。患者が自然の風や光を感じながら過ごすための工夫だ。

 川村病院は長年、終末期医療の…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら