[PR]

 東京都知事選が18日、告示された。感染が収まらない新型コロナウイルスへの対応に加え、来夏に延期された東京五輪・パラリンピック開催の是非が大きな争点となる。コロナ禍で悪化した首都・東京の経済再生策をどう打ち出すかも焦点となる。投開票は7月5日。

 2012年、14年、16年の過去3回の都知事選はいずれも任期途中の辞職によるもので、任期満了に伴う選挙は石原慎太郎氏が4選を果たした11年以来となる。

 都選管は18日午前8時半に立候補届けの受け付けを始めた。

 届け出順に、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)が立候補した。

 午前9時45分現在、計11人が立候補を届け出ている。

 主要政党の対応は、与野党で大…

この記事は有料会員記事です。残り398文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。