【動画】全米そして世界へ広がる黒人差別への抗議の声。#BlackLivesMatterとはなぜ生まれ、今も注目されるのか
[PR]

 米南部ジョージア州アトランタで黒人男性のレイシャード・ブルックスさん(27)が死亡した事件で、地元のフルトン郡地検は17日、ブルックスさんを拳銃で撃った元警官のギャレット・ロルフ容疑者(27)=懲戒免職=を殺人の罪などで起訴すると発表した。

地元検察「死は不合理」

 発表したポール・ハワード検事は起訴に至った理由として、ブルックスさんが聴取に対して41分17秒にわたっておとなしく応じ、一切攻撃的な態度を取っていなかったこと▽ロルフ容疑者が発砲した際、ブルックスさんは走って逃げており、命の危険を及ぼすような脅威にはなっていなかったこと▽撃った後、2分12秒にわたり救命措置を取らなかったこと――などをあげた。

 事件は12日深夜、ハンバーガー店のドライブスルーエリアで起きた。車内で居眠りをしていたブルックスさんが、警官2人から飲酒運転の疑いで逮捕されそうになったことに抵抗。警官が持っていたスタンガンの一種「テーザー銃」を奪い、走りながらテーザー銃を警官に向けて放ったところ、ロルフ容疑者から背中を2回撃たれて死亡した。

 事件について、ハワード検事はこれまで、米メディアの取材に「死は不合理に思える」「私たち検事は言い訳をするのをやめなければならない。検事にできる最も重要なことは、警官を起訴することだ」と述べていた。(ニューヨーク=藤原学思)