[PR]

 京都府は17日、2019年1~12月の観光客数が前年比3・4%増の8791万人と過去最高を記録した、と発表した。観光消費額は1兆3025億円で、前年比で4・9%減ったものの、過去2番目の多さだった。

 府内6地域でみてみると、全域で観光客数が前年より1・5~9・5%伸びた。18年の西日本豪雨や台風などの大災害の影響で減っていた客足が、19年は元の水準に戻ったのではないかと分析している。

 ただ、今年2月以後、新型コロナウイルスの深刻な影響が観光業に出ている。15年から急増していた外国人客の来日はしばらく見込めず、今年は「経験したことがない数値」への落ち込みが予想されるという。

 これらの数字には、観光客が集…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。