[PR]

 抗炎症作用のあるステロイド剤「デキサメタゾン」が新型コロナウイルスの重症患者に有効だとする英大学の研究結果を受けて、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長は17日、治療の指針にデキサメタゾンの使用を盛り込む考えを明らかにした。研究は詳細な検討を経ていないため、WHOは慎重に進めるとしている。

 英オックスフォード大は16日、重症患者にデキサメタゾンを投与した結果、死亡率を減らすことができたとの研究結果を発表していた。WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏は会見で、「新型コロナに、効果的に対処するための重要な成功だ」と述べた。一方で、「まだ初期段階のデータだ」とも語り、多くの専門家の意見を集約する考えを明らかにした。(ウィーン=吉武祐)