[PR]

 トランプ大統領は17日、中国新疆ウイグル自治区のウイグル族らへの人権弾圧に関わった中国政府高官らに制裁を科す「ウイグル人権法案」に署名し、同法が成立した。

 上下院で5月に可決された法案は、ウイグル族やほかのイスラム系少数民族への人権侵害を非難し、弾圧にかかわった中国政府高官らのリストを大統領が毎年作成することを定めている。そのうえでリスト上の高官らに対し、資産凍結などの制裁を大統領が科すことを求めている。

 ただトランプ氏は、大統領が制裁を解除できる条件を定めた条項について、「憲法で定めた大統領の権限と矛盾する」と指摘。「条項は拘束力のないものとして扱う」として、仮に制裁を科しても解除は自らの判断で行う考えを示した。

 一方でウォールストリート・ジ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。