[PR]

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は17日、日米貿易協定の「第2段階」の交渉について、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れているとした上で、「今後数カ月のどこかで始めることになるのではないか」と述べた。当初は、予備的な協議を5月までに終え、その後交渉を始める想定だった。

 米下院での議会証言で述べた。ライトハイザー氏は、1月に農産物などの物品分野を中心に発効した日米貿易協定について「非常に満足している」と述べたうえで、第2段階について「(コロナ危機がなければ)現時点までに始まっていただろう。今でも優先事項の一つだ」と説明した。

 コロナ危機を受けた貿易交渉全…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら