[PR]

 11月の米大統領選に向けて、トランプ米大統領が20日、大規模な選挙集会を米オクラホマ州タルサで開催する。トランプ氏による本格的な選挙活動の再開は、新型コロナウイルスの深刻化を受けて停止した3月以来、約3カ月ぶりだ。しかし、米国ではいまも新型コロナの感染が続くだけに、大規模集会の開催には批判があり、地元でも延期を求める声が上がっている。

 集会が開かれるのは、1万9千人を収容する多目的屋内アリーナ「BOKセンター」。トランプ氏は最近の世論調査で、民主党候補に内定しているバイデン前副大統領に後れをとっており、得意の大規模集会を通じて支持者にアピールする狙いがあるとみられる。

 米国は全体でみると新型コロナの感染者数が収まっているが、複数の州では増加傾向にある。オクラホマ州もその一つで、タルサも感染者数が急増している。地元の保健当局者はトランプ氏の集会について「延期して欲しい」と話しており、地元紙のタルサ・ワールドも社説で「悪い時期だ」と再考を促した。

 だが、トランプ陣営側は「10…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら