[PR]

 西村康稔経済再生相は18日の会見で、政府が開発している新型コロナウイルスの感染者との接触を通知するスマートフォンのアプリについて、19日から提供を始める予定だと明らかにした。感染した可能性を利用者に素早く伝え、対策をとってもらうことで感染拡大を防ぐ狙い。

 西村氏は「できるだけ多くの人に導入をしていただければ。通知を受け取った方がスムーズに検査を受けられるよう、体制を整備している」と話した。

 このアプリは、スマホの近距離無線通信「ブルートゥース」を使い、半径1メートル以内に15分以上あったスマホ端末を匿名のIDを交換する形で記録していく。感染が判明した利用者は、保健所から発行された番号をアプリに入力して「陽性」だと登録する。すると、2週間以内に接触があったと記録されていた端末すべてに「陽性者との接触が確認された」との通知が届く。

 名前や電話番号などの個人情報や、GPSなどの位置情報は使わない。このため政府だけでなく利用者からも、接触相手や場所の特定などはできないという。

 アプリのダウンロードは任意。政府は効果が十分に出るとされる6割以上の普及をめざす。(栗林史子)

■「接触確認アプリ」どんな…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら