[PR]

 18日午前5時ごろ、福岡県広川町水原の路上で、右手に拳銃のようなものを握ったまま倒れている男性が見つかった。県警によると、右こめかみ付近に撃たれたような傷があり、その場で死亡が確認された。自殺と事件の両面で調べる。

 八女署によると、死亡していたのは町内の自営業男性(46)。18日午前1時ごろ、男性の知人から署に「男性の電話の内容がおかしい」と相談があった。男性は電話で「お世話になりました」と話したという。

 署員が男性宅を訪ねたが不在だったため、周辺を探したところ、自宅から約4キロ離れた町道上に仰向けに倒れた男性を発見。近くには施錠された男性の車が止まっていた。(横山翼)