[PR]

 世界的な大流行となった新型コロナウイルス感染症。政府の専門家会議座長も務める、国立感染症研究所(感染研)の脇田隆字所長に、1月以来の感染拡大への対応、次の流行に備えた専門家や組織のあり方などを聞きました。

 ――新型コロナへの初期対応はどんなものだったのでしょうか?

 昨年末くらいに、中国で原因不明の肺炎が起きていると聞いていました。1月10日に新型コロナの遺伝子配列が公表されて、PCR検査のためのプライマー(ウイルス遺伝子を増幅するための合成DNA)などの準備を急いだ。検査できるようになったのが14日。15日に国内初の感染者を確認できた。それも検査を繰り返してなんとか検出できた。たぶんウイルス量が少ない、感度ぎりぎりで検出したパターンでした。

 ――2月にはクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号で集団感染が起きました。

 国もクルーズ船の対応は想定し…

この記事は有料会員記事です。残り2012文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2012文字有料会員になると続きをお読みいただけます。