コロナが招いた地域格差 高3生の講習「From7」も

有料記事変わる進学

宮坂麻子、柏木友紀、川口敦子
[PR]

 来年の大学入学共通テストの日程が決まった。1月16、17日の入試は変えないものの、休校による学習の遅れに配慮し、2週間後に全都道府県で第2日程を設定。私大も含めて出題の工夫も、国は求めた。あと7カ月。首都圏の学校では、密を避けながら、様々な受験対策を進めている。宮坂麻子、柏木友紀、川口敦子)

高3生の受験対策、試行錯誤

 「高3生は、今年度は始業式を入れてまだ3日しか登校させていない。対面授業は1日もしていません」

 都立日比谷高校(東京都千代田区)の武内彰校長は、そう話す。都立高校では6月から分散登校が始まり、15日から生徒を半数ずつ、週3~4日、6時間教えてもよくなった。だが日比谷では、しばらく対面授業は行わない方針という。

 休校中の4月、生徒のスマートフォンを活用したり、環境の整わない家庭に端末を貸し出したりして、オンライン授業を始めた。5月の連休明けからは1日7コマ、緊急事態宣言の解除後は講師も含めた全教員で双方向授業をしている。

 オンライン授業では、生徒が…

この記事は有料記事です。残り2222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]