[PR]

 「俺等(おれら)が支える」「WE ARE ONE」……。プロ野球の開幕を翌日に控えた18日、試合会場となる球場の観客席に応援メッセージが続々と掲げられた。手書きボードもあれば、レプリカユニホーム姿のファンの写真も。無観客のスタジアムを盛り上げようと、着々と準備が進む。

 楽天を迎え撃つオリックスの本拠・京セラドーム大阪は一塁側客席に工夫を凝らす。主力選手の写真が入った応援幕を掲げ、その周囲の座席にはカードが置かれている。カードにはファンから募ったその選手に向けたメッセージが記されている。「試合に出続けられることを願っています!」「ヒーローインタビューが見たいです」といった具合だ。

 18日現在、約1400の応援メッセージが集まり、一番人気は21歳の山本由伸投手だ。今後も募集し、加えていくという。

 激戦の合間、ふと心を和ませてくれそうな「観客」の姿も。球団マスコットのバファローブルにバファローベル、スポンサーの人気キャラクター「バファローズポンタ」らが、ソーシャルディスタンスを保ってちょこんと座る。

 パ・リーグ3連覇を狙う西武は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら