【動画】都知事選の候補者たちが第一声
[PR]

 東京都知事選が18日、告示され、過去最多となる現職・新顔の22人が立候補を届け出た。新型コロナウイルスへの対応や、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催の是非などが争点。7月5日の投開票日に向け、首都のトップを選ぶ論戦が始まった。

 主な候補者は届け出順に、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、現職の小池百合子氏(67)、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏(52)。

 自民は独自候補の擁立を断念して自主投票とし、公明とともに、小池氏を実質的に支援する。野党は立憲民主、共産、社民は宇都宮氏を支援する一方、れいわ新選組の山本氏が告示3日前に出馬を表明し、一本化できなかった。日本維新の会は小野氏を推薦した。国民民主は自主投票とした。

 各陣営ともオンラインによる演説に注力し、街頭での握手は控えるなど新型コロナの感染防止に配慮しながら支持拡大を図る異例の選挙戦となる。過去3回の都知事選はいずれも任期途中の辞職に伴う選挙で、任期満了に伴う選挙は2011年以来。再選を目指す小池都政の4年間の評価も問われる。都選管によると、17日現在の有権者数は1146万8938人。コロナ禍での投票率も注目される。