「行くぞ」 緊迫の海上救助 巡視船長のキャプテンシー

有料会員記事

吉田貴司
[PR]

 4月18日午前11時55分。三重県志摩市の南約400キロを航行中の台湾籍のコンテナ船から、海上保安庁に連絡があった。

 「乗組員が右手を負傷した。救助してほしい」

 要請は、パトロールを終えて名古屋港に戻った直後だった、名古屋海上保安部所属の巡視船「みずほ」に直ちに伝わった。「よし、行くぞ」。船長の近藤賢二さん(60)の指示で、再び出航。救助活動に向かった。

■湾外は大しけだった…

この記事は有料会員記事です。残り1874文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら