[PR]

 山形県上山市の高齢女性からキャッシュカードを盗んだとして、山形県警は18日までに、千葉県市原市の16歳の男子高校生2人を窃盗容疑で逮捕し、発表した。2人は容疑を認め、「休校中で遊ぶ金が欲しかった」などと供述しているという。

 捜査2課によると、2人は何者かと共謀し、5月20日午後3時20分ごろ、上山市の70代女性からキャッシュカード2枚を盗んだ疑いがある。女性宅にはこの前に警察官を名乗る男らから「カードが偽造された」「利用停止の手続きをする」などとうその電話があった。その後、受け子役の1人が金融関係者を装って訪問。受け取ったカード2枚を封筒に入れ、女性が目を離した際に偽物のプラスチック板とすり替える手口で盗んだという。女性の家族から相談を受けた金融機関が口座を凍結したため、現金が引き出される被害はなかった。

 県警は5月22日、受け子役の高校生を逮捕。さらに6月17日、受け子役を勧誘したとして同級生も逮捕した。事件当時、2人の通う高校は、新型コロナウイルスの影響で臨時休校中だったという。(西田理人)