[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていたプロ野球は19日に開幕し、埼玉西武ライオンズは本拠地・メットライフドーム(埼玉県所沢市)で北海道日本ハムファイターズと対戦する。球場では18日、関係者が入念な準備に追われていた。

 感染防止策の一環として当分の間は無観客試合が続く。球団は「離れていても選手やチームに熱い声援を送ってもらおう」と、ファン手作りの応援フラッグを募集。この日までに151枚が集まり、球団職員が人工芝の外野スタンドに1枚ずつ敷き詰めた。400枚をめどに26日まで募集中で、7月5日まで掲出する予定だ。

 このほか、特別チケット購入の特典としてメッセージを書き込める応援ボード382枚も内野席に貼り付けられた。

 開幕投手を務めるザック・ニール選手は「観客席から声援が聞こえないのは寂しいですが、みなさんのメッセージはしっかりと届いています。共に戦いましょう!」とコメントした。(日高敏景)