[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、広島県選出の国会議員夫妻が18日、東京地検特捜部に公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された。前法相の衆院議員・河井克行容疑者(57)と参院議員で妻の案里容疑者(46)。政治への信頼を大きく揺るがす異例の事態に、県政界には衝撃が走り、有権者らから批判の声が上がった。

     ◇

 「これだけお金をばらまくような選挙は、今の時代もうないと思っていた。驚いている」。夫妻の逮捕の報を受けて会見した県議会の中本隆志議長はこう語った。一部の県議に現金を配ったという疑惑に、「事実があったのであれば問題視する」と明言。議会として調査も検討する考えを示した。

 広島市議も検察当局の任意の事情聴取の対象となり、一部が受領も認めた。市議会の山田春男議長も報道陣に「各会派の幹事長と信頼回復のためにどうするべきか話していきたい」と述べた。個人的な意見と断った上で「早く議員辞職をして頂きたい」と話した。

 参院選で、当時現職だった溝手…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら