[PR]

 保存整備工事が完了した世界文化遺産・富岡製糸場(富岡市富岡)の国宝「西置繭所(にしおきまゆじょ)」が10月のオープンに先駆け、事前予約制で30日まで特別公開されている。新型コロナウイルスの感染防止のため1日5回で各回10人に限っているが、現在はほとんど定員に達していない。製糸場を管理する富岡市は「新たな見どころを落ち着いて見学できます」とPRしている。

 見学者は、スマートフォンなどの端末(貸し出しあり)で解説を聞くことができ、回り方は自由。

 1階のギャラリーには、かつて場内に掲げられた「品性」「品位」「節約」などの標語や、糸の太さや重さを測った道具、工女たちの生活用具などが展示されている。

 2階は、西置繭所や屋根の模型…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら