[PR]

 解体修理中に、400年以上前のものとみられる落書きが見つかった、国の重要文化財「願興寺本堂」(岐阜県御嵩町)。同じころのものとみられる羽子板を壁から外すと、裏に絵が描かれていることがわかった。当時の人が、羽子板の裏に描いたものとは。

 願興寺本堂は、2度の焼失を経て1581(天正9)年に再建されたもので、1986年に国の重要文化財に指定。2017年11月から初の解体修理が始まっている。本尊が置かれていた仏壇背面の壁から化粧板を外すと、高さ2メートル以上の壁に、お内裏さまと三人官女が顔料で描かれたものなど羽子板2枚が釘で打ち付けられていた。この羽子板を今月16日に取り外したところ、2枚ともに裏にも絵が描かれていたという。

 お内裏さまと三人官女が描かれ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら