[PR]

 街中の「小さな拠点」として、さまざまな分野で活動する人たちが集まる「ニカイ」が、三重県桑名市の近鉄桑名駅近くにオープンしてから、7月で1年を迎える。コロナ禍でも、オンラインを活用した取り組みを進め、多くの人たちの交流を生んできた。

 空き部屋を改装した「ニカイ」には、木製のテーブル、いす、カウンター席が並ぶ。そこで迎えてくれるのは管理人の福田ミキさん(38)。「この1年で大人のアジト的な場所になりました」と言う。

 訪れる人たちは個人経営の人が多く、このスペースでパソコンを開き、それぞれ仕事を始める。読書に熱中している人もいる。福田さんの仲介で、利用者同士の名刺交換が始まり、交流が生まれる。それが新しいビジネスの芽となる。

 「偶然出会うように見せかけて…

この記事は有料会員記事です。残り508文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り508文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース