[PR]

 パチンコ店でマスクの着用を求めた店員を殴ったとして、福岡県警小倉北署は18日、北九州市小倉北区の会社員の男(40)を暴行の疑いで現行犯逮捕し、発表した。「酒を飲んでいたこともあって、ついかっとなって殴ってしまった」と容疑を認めている。

 発表によると、男は18日午後6時ごろ、同区京町2丁目のパチンコ店で、男性店員(27)の顔を1回殴った疑いがある。男がマスクを着けていなかったことから、店員が店で常備するマスクを持って「着けていただけませんか」と声をかけたところ、殴られたという。

 その場から立ち去ろうとした男を店員2人が取り押さえた。この店ではマスクをしていない客に常備している使い捨てマスクを渡すようにしているという。(板倉大地)