[PR]

 新型コロナウイルス対策のためのスマートフォンの接触通知アプリについて、政府は19日午後、提供を始めた。アプリ名は「COCOA」で、iPhone(アイフォーン)を利用している場合は「アップストア」、アンドロイド端末を利用している場合は「グーグルプレイ」から、それぞれダウンロードできる。

 このアプリは、半径1メートル以内に15分以上あったスマホ端末を、匿名のIDを交換する形で記録していく。アプリの利用者に陽性が判明した場合、2週間以内に接触があったと記録されていた端末すべてに「陽性者と接触していた」との通知が届く。近距離無線通信「ブルートゥース」機能を使い、名前や電話番号などの個人情報、GPSなどの位置情報は使わない。

 19日から1カ月間は試行版として、機能などを随時更新する可能性があるため、最新アプリにアップデートする必要があるという。(栗林史子)