[PR]

 富士サファリパーク(静岡県裾野市)は毎年恒例の「泳ぐゾウ」の公開を19日から始める。えさを求めて長距離移動する際に川を渡ることがある「アジアゾウ」の生態を間近で見ることができる。

 2015年から毎年開催している。ゾウが寒さで体調を崩さない9月ごろまで。側面が透明のアクリル板で覆われたプール状の施設を泳ぐ。犬かきのように前脚を動かし、長い鼻を水上に出すことで呼吸する。

 「サファリゾーン」内にあるため、車で周遊するか、ゾーン外周フェンス沿いを歩いて回る「ウォーキングサファリ」で見ることができる。(広瀬萌恵)