[PR]

 新型コロナウイルスの影響で公演を中止した吉本興業の劇場が19日、110日ぶりに観客を入れて再開した。「なんばグランド花月」(NGK、大阪市中央区)では冒頭で桂文枝さん(76)、西川きよしさん(73)、中田カウスさん(70)、桂文珍さん(71)の大御所4人が登場。感染防止のため、4枚のアクリル板で仕切られた舞台上であいさつした。

 使用した座席は858席のうち112席。文枝さんは「これが新しい形のこれからの寄席。やりにくいです。でも、我々の一番の力、勇気は笑い。もう一度元気に舞台を踏みたいと家にこもっていました。涙が出そう」。きよしさんは「この日を待っていました。今こそ、真面目に、小さなことからコツコツとがんばりたい」と力を込めた。

 最初の公演に訪れた大阪府八尾…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら