[PR]

 埼玉県杉戸町の住宅から自転車を盗んだとして、警視庁は19日、3方面交通機動隊の白バイ乗務員の男性巡査長(32)を停職1カ月の懲戒処分とし、発表した。巡査長は同日、依願退職した。飲酒して電車で寝過ごし、盗んだ自転車で茨城県つくばみらい市の自宅に向かう途中、職務質問を受けて発覚したという。

 人事1課によると、処分理由は6月9日午前0時20分ごろ、杉戸町の住宅敷地内に止めてあった住人の40代男性の自転車1台を盗んだなどというもの。

 巡査長は勤務後の8日午後5時~9時半ごろ、東京都目黒区の居酒屋で同僚4人と飲酒した後、電車に乗って帰宅中に寝過ごし、午後11時半ごろ、杉戸町内の駅で下車。自宅方向へ歩いていたところ、道沿いの住宅の自転車が目につき、「歩くより早く帰れる」と考えたという。

 自転車を運転して帰宅中の9日午前2時40分ごろ、千葉県野田市で県警野田署員から職務質問を受け、同署に任意同行された。県警は19日、巡査長を窃盗容疑で書類送検した。

 警視庁の宮島広成・人事1課長は「あってはならない行為。規律の保持を図るべく指導・教養をおこなっていきたい」としている。