[PR]

 1945年6月19日。福岡市中心部が米軍機による爆撃にさらされ、1千人以上の死者・行方不明者を出した。あれから75年。爆撃の中心地となった同市博多区の一角の電柱に、福岡大空襲の歴史を記した案内板が市民団体によって設置された。戦争の記憶が遠のく中、「次世代に伝えたい」との思いを込めた。

 午前11時ごろ、店やマンションなどが立ち並ぶ福岡市博多区綱場町。電柱に博多の歴史案内板を取り付ける活動を続けている市民団体「ハカタ・リバイバル・プラン」の会長、立石武泰さん(68)は、旧唐津街道沿いの電柱に設置した2枚の案内板を見上げた。

 一つには「1945年6月19…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら