[PR]

 茂木敏充外相は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大で制限されている人の相互往来について、ベトナムと部分的、段階的に緩和することで一致したと発表した。当局間で開始の時期、具体的な手続きなどについて詰めているが、茂木氏は「そんなに時間はかからない」と説明。近くビジネス関係者の往来が再開される見通しだ。

 茂木氏は「ベトナムでは新型コロナの新規感染者が長い間出ておらず収束しつつある」と述べた。

 日本政府は18日、ベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドからの入国を緩和する方針を決定。外務省によると、緩和が決まるのは4カ国のなかでベトナムが最初となる。(太田成美)