[PR]

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、仙台市上空で17日に浮いていた正体不明の白い球体について、記者団から「現在も監視できているのか、見失ったのか」と問われ、「現時点において我が国上空では確認されていない」と述べた。

 菅氏は「関係機関において従前より必要な警戒監視は行っていた」と述べたものの、現在も監視しているかどうかは言及しなった。球体の直径についても問われたが、「関係機関において適切に把握している」と答えたものの、「大きさを含む情報は、現時点で確定的にお答えすることは差し控えたい」とあいまいな発言に終始した。

 球体についてはSNSやネット上などで「UFOなのではないか」と話題になった。観測用の気球との見方があるものの、所有者を含めてどこから飛んできたのかや飛行目的は分からないままだ。(安倍龍太郎)