[PR]

 香川オリジナル品種のミカン「小原紅早生(おばらべにわせ)」の出荷が19日、始まった。高松市中央卸売市場で初競りがあり、25個入りの1箱(2・5キロ)が過去最高の258万円で落札された。

 坂出市のミカン園で1973年、突然変異で生まれた品種。皮の色が赤く、濃厚な甘みが特徴で、中元としても人気がある。2017年には、地域の農林水産物を保護する国の「地理的表示保護制度」に、県の特産物で初めて登録された。

 この日は約560キロを出荷。新型コロナウイルスの感染防止のため、競り人はマスクやフェースシールドを着け、仲卸業者との間に透明のシートを設けた。初競りで落札した会社の男性(31)は「香川においしいミカンがあると、全国に広まってほしい」と話した。

 今年は、昨年より実が大きいと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース