[PR]

 前法相で衆院議員の河井克行容疑者と妻で参院議員の案里容疑者が公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕された事件を受け、野党は19日、国会の閉会中審査で安倍晋三首相による説明を求めた。だが、自民党はこれを拒否。首相は「説明責任を果たさねばならない」とするが、誰がどう対応するのか不透明だ。

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は同日、自民党の森山裕国対委員長と会談し、首相が出席する予算委員会の集中審議を求めた。安住氏は、昨夏の参院選で自民党本部が案里議員側に支給した1億5千万円をめぐり「買収に使われたとなればますます説明責任を求められる。答えられる人は自民党総裁である首相しかいない」と主張。森山氏は「前例がない」と拒んだ。

 衆参両院でこの日、非公開で開かれた法務委員会の理事懇談会では、法務省が河井夫妻の逮捕容疑を説明した。衆院の野党統一会派の階猛筆頭理事(無所属)によると、「1億5千万円が買収資金に使われたのか」と野党議員が質問すると、自民側が「この場で議論すべきではない」などと遮ったという。階氏は「深い議論にならなかった。法務委員会の公開の場で説明を受けたい」と述べた。だが、与党側は法務委の開会には応じない方針だ。

 首相は18日の記者会見で「総裁として自民党においていっそう襟を正し、説明責任も果たしていかなければならない」と語った。菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、記者団から「首相はいつ説明責任を果たすのか」と問われ、「党として対応することになると思う」と説明。午後の会見で重ねて「首相はこれ以上、説明するつもりはないということか」と問われたが、「午前中の会見で申し上げたとおり」などと述べるばかりだった。

 一方、首相は19日、自らの責任の取り方について、「様々なご批判があることを真摯(しんし)に受け止めながら、今後、一層の緊張感をもって、政権運営に当たってまいります」と答えた。朝日新聞が提出した質問書に対し、文書で回答した。

 朝日新聞は質問書で、昨年の参院選に立候補した案里氏の陣営に、首相の地元秘書が応援に入ったことや、参院選から約2カ月後の内閣改造で克行氏が法相に起用されたことなどから、「総理総裁として厳しく責任が問われる立場にある」と指摘。その責任の取り方について質問した。18日にあった首相の会見では、朝日新聞記者は挙手を続けたが指名されなかった。会見が約1時間で打ち切られた際、司会者が書面での質問を受け付けるとの提案をしたため、朝日新聞は同日夜、首相官邸報道室を通じて質問書を提出した。(清宮涼、安倍龍太郎)