拡大する写真・図版19日に提供が始まった新型コロナウイルスの接触通知アプリの画面

[PR]

 政府は19日、新型コロナウイルスの感染者との接触を通知するスマートフォンのアプリの提供を始めた。接触を把握してもらい、いちはやく検査などの対策をとってもらうことで感染拡大を防ぐ狙いだ。

 アプリは「新型コロナウイルス接触確認アプリ」で、愛称は「CO(コ)CO(コ)A(ア)」。iPhone(アイフォーン)の利用者は「アップストア」、アンドロイド端末は「グーグルプレイ」からそれぞれ無料でダウンロードできる。1カ月ほどは試行版で、機能などが更新される可能性がある。厚労省によるとこの日一時、アンドロイド端末でダウンロードする際、検索しても見つからない状態が起きたという。

 アプリの利用は任意で、利用者が多いほど効果が高くなる。安倍晋三首相は5月に英国などの調査を踏まえて6割の普及に言及していたが、加藤勝信厚生労働相は19日の会見で「多くの方に利用してもらえるよう努力していきたい」としつつ、具体的な数値目標は決めていないとした。

 このアプリは、ダウンロードし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら