[PR]

 韓国側による金正恩(キムジョンウン)体制の批判ビラの散布をめぐり、北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、対抗措置として「大規模な対南ビラ散布闘争の準備を本格的に推進」との記事を載せた。韓国の脱北者団体はこの前日、コメを入れたペットボトルを海に流す予定を中止したと明らかにしていたが、北朝鮮は韓国側に批判ビラをまくと強調した。

 記事では「北南合意に盛り込んだ希望と期待を2年間にわたり口先で愚弄(ぐろう)してきた南朝鮮(韓国)当局者を、無差別に覆い尽くすビラ」を、出版を担う機関が作っていると指摘。南北の軍事境界線近くに北朝鮮の民間人が入ることが軍から認められれば「大学生たちが大規模なビラ散布闘争を展開する万全の態勢をとっている」と牽制(けんせい)した。

 韓国の北朝鮮専門家は「やると言ったことはやめないという意思表示だろう。ただ、韓国へのビラに効果がないことは北朝鮮も分かっているはず。それでも続けるのは、正恩氏の指示だからとみられる」と分析している。(ソウル=神谷毅)