[PR]

 インバウンド(訪日外国人客)による多くの恩恵を受けてきた関西。飲食店や雑貨店が並ぶ観光地では、新型コロナウイルスの影響で訪日客の姿が急に消え、大きな打撃を受けている。逆境を乗り越えようと、日本人客向けに改めて力を注ぐ店も出てきた。(金本有加)

 「大阪の台所」とも呼ばれる大阪・ミナミの黒門市場。約150店舗が並ぶアーケードで、中国人客らが食べ歩きやイートインを楽しむ光景は失われた。刺し身や串焼き、青果店の多くの店が休業や時短営業に追い込まれる状況になった。

 そんななかで営業を続けてきた飲食店「マグロ道 花神(かしん)―kashin」。運営する出原(ではら)豊久社長(40)は「まさかこんなことになるとは想像もつけへんだ」と漏らす。

人気の市場にようやく店を出せたが、、、

 昨年7月、人気で場所が空かな…

この記事は有料会員記事です。残り1554文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1554文字有料会員になると続きをお読みいただけます。