[PR]

 5月半ば、社説「コロナと自殺」で「生きるための支援急げ」と書いた。しばらくして読者から封書が届いた。ぬくもりのある黄色い木版画が入っていた。

 《つらくてもだめだよ。その命 自分ひとりの命じゃないよ》。そんなメッセージと、心配そうな表情で手をあわせて祈る子猫の絵が彫り込まれていた。

 東京都葛飾区の版画家・大野隆司(たかし)さん(68)からだった。手紙が添えてあった。「これから増える不安、資金繰りの困難等々での自殺を止めたいのです。残された家族の苦しみを味わわせたくありません」

 詳しく聞きたくて家を訪ねた。捨て猫だったという3匹も出迎えてくれた。

(社説)コロナと自殺 生きるための支援急げ
5月17日の社説では、自殺防止のための相談窓口に届く悲痛な声を紹介し、心のケア対策の重要性を訴えました。

 ――それはバブル経済が崩れ去…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら