[PR]

 2歳と1歳の子どもを監禁したまま外出したとして、茨城県警古河署は20日、古河市の無職の男(21)を保護責任者遺棄と監禁の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認め、「何もかも嫌になった」と話しているという。

 署によると、男は11日、自宅の寝室の引き戸に外側から粘着テープを貼って長女(2)と次男(1)を監禁し、外出した疑いがある。

 男は妻と長男(7)、長女と次男の5人暮らし。妻は仕事に出かけており、長男も外出中で、男が長女と次男の面倒を見ていたという。男に連絡がつかないことを不審に思った妻が署に電話。午後6時半ごろ、駆けつけた署員が2人を保護した。

 部屋にはエアコンはなかったが、扇風機が回っていたといい、命に別条はなく、けがや激しい衰弱などもみられないという。