[PR]

 自民党の森山裕国会対策委員長は20日、衆院の解散・総選挙について「今年はひょっとしたら衆院選挙があるかもしれない。しっかり備えていかなければならない」と述べた。鹿児島市内で開かれた党鹿児島県連大会で語った。

 新型コロナウイルス対応や河井克行前法相と妻の案里参院議員の公選法違反容疑での逮捕などで、政権の求心力が低下するなか、安倍晋三首相が今秋にも衆院を解散し、局面打開を図るのではとの見方も党内の一部に出ている。

 会合後、森山氏は記者団に「常在戦場と教えられてきた。いつ選挙があってもいいような対応が必要だ」と説明したうえで、「コロナの状況によってはできない状況が続くかもしれない」とも語った。(清宮涼