広島・長野、今季初打席で有言実行 「かっこいい姿を」

有料会員記事

藤田絢子
[PR]

(20日、広島10―5DeNA)

 今季初打席でいきなり結果を出した。1点を追う八回2死一、二塁、広島の長野久義が代打で打席へ。低めの直球をすくいあげるようにバットで捉え、左中間へ。逆転2点二塁打。この回一挙7得点の口火を切った。

 巨人にフリーエージェント(FA)で移籍した丸の人的補償で昨季から広島へ。昨オフには、海外FA権を行使せずに残留を表明。理由は、「カープファンにかっこいい姿を見せたい」。早速、有言実行だ。

 一昨季は、8月の月間打率は…

この記事は有料会員記事です。残り238文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら