[PR]

 男子バレーボール・Vリーグ2部のヴォレアス北海道(北海道旭川市)の古田史郎主将(32)と辰巳遼選手(24)らが20日、旭川市内で記者会見し、スポーツで地域を盛り上げる「A(エー)―bank(バンク)旭川」を設立すると発表した。コンサドーレ札幌で活躍した曽田雄志さん(41)が代表理事を務める「A―bank北海道」と連携し、スポーツ選手の地域への派遣やイベント企画などを手がけるという。

 記者会見には曽田さんも出席。曽田さんは東日本大震災の被災地支援を目的に、2013年に「A―bank北海道」を立ち上げた。多くのスポーツ選手が加わるようになり、今では札幌市内の小中学校へのアスリートの派遣や、アスリートのセカンドキャリアの構築なども手がけている。

 「A―bank旭川」はその活動に共感した古田主将が曽田さんに相談し、設立が決まったという。一般社団法人として活動し、代表理事を古田主将が、理事を辰巳選手が務める。今年度は地元の自治体やスポーツ少年団との関係づくりに取り組み、来年度から本格的な活動を目指すという。

 ヴォレアス北海道は昨シーズン、1部との入れ替え戦が新型コロナウイルスの影響で中止になり、2部残留が決まった。古田主将は「あの時は多くの方に励ましてもらった。今度は僕らが恩返ししたい」。辰巳選手も「多くの人に協力してもらえたらうれしい」と話した。(井上潜)

関連ニュース